So-net無料ブログ作成

廃村さーくる番外編 琴音の煉瓦日記☆『ゴロゴロ転がる東京拘置所の煉瓦の刻印?』 [廃村さーくる番外編♪]

『探してみるもんだ』

 今日、私は実感したっす。

『行って大正解だった』

 今日、私は本気で思ったっす^^

 

 ある休日の日、私は前々から気になっていた場所へとお散歩してきたのです。

 それは私の住んでいる町“草加”から、電車に乗ってたった10分のところ。

 お宝は意外と身近にあるようです☆

 廃村さーくる番外編、私の煉瓦日記スタートです!

琴音の煉瓦日記・小菅編・桜の刻印.jpg

DSC02979.jpg

 東武伊勢崎線・・・おおっと、今は東武スカイツリーラインでしたっけ(笑)

 主要ターミナル駅の北千住の1個お隣の駅『小菅駅』に私はやってきた。

 夏の足立の花火の時くらいしか下車したことが無い駅っす。

(実際の作者。つまりオイラは何度も小菅には来ています^^)

 駅もコンクリート打ちっぱなしの簡素で夏でも寒々とした殺風景な駅を降りて外に出てみたっす。

 ・・・・・・見渡した感じ、店と言う店も無く(東武ストアーはあったけど)どっちかっつーと・・・寂れた感のある町並みかなあ^^;

 今回、なぜ?私がここをお散歩することにしたかと言いますとーーー

 ここにはかつて『小菅の煉瓦工場』があったと聞いたからです。

 何度かの横須賀の煉瓦遺構探訪で、昔の関東の煉瓦の歴史を少しづつ少しづつ知ることになり、

 その中でご近所の小菅にも、かつて煉瓦の工場があったと情報を得たからなんす。

 それならば『も、もしかしたら・・・煉瓦の名残りみたいなものくらいは残ってるんじゃね?』と思ったのw

 ま、浅はかだとは思いますが、天気も良くって散歩日和です^^

 何も無くてもそれでもいい^^

 いざ煉瓦の名残りを求めて冒険に行きましょうっす^^

DSC02980.jpg

 小菅と言ったら思いつくのは、やはり東京拘置所っすよね^^

 駅のホームからも見える巨大な建物。

 ここのシンボルでもあります(拘置所がシンボルって・・・w)

 その東京拘置所。かつては囚人に刑務の一旦として煉瓦を作らせていた。

 だからでしょうね、俗に言われているのが『囚人煉瓦』だそうです。

 なんでも明治5年の大火を切欠とした新たな首都造りの一旦として、銀座街をまずはお手本として煉瓦式洋風近代化をすることになったらしいの。

 そこで膨大な量の煉瓦が必要となり、東京集治監小菅刑務所(現・東京拘置所)の中に工場を作ったのが歴史の流れだそうです^^

 とりあえず駅を出て左手に歩いてみたら、濠に囲まれ鉄柵がぐるりと続くマンション群がお目見えっす。

 たぶん、この拘置所で働く人やその家族さんたちの官舎じゃないかなあ?

 その周りに遊歩道があったので歩いてみますか^^

DSC02981.jpg

DSC02982.jpg

 ふと、遊歩道から電車の陸橋が見えたので近づいてみることにした。

 なんでかというと、古い陸橋とかに煉瓦なんか使ってそうじゃね?って思ったからw

DSC02984.jpg

 うーん・・・特になんもないっす^^;

 くまなく見てみたけれど、古めかしいだけでただのコンクリでした☆

 ---ですが、

 柱の袂にこんなのを発見っす。

DSC02985.jpg

DSC02986.jpg

DSC02987.jpg

DSC02988.jpg

『下山国鉄総裁追憶碑』

 なんでも1949年、当時の国鉄総裁だった下山さんが出勤途中に失踪、行方不明。翌日汽車に轢断された下山さんがこの近辺で遺体となって発見された事件だそうです(こわいなあ・・・^^;)

 自殺か!?他殺か!?

 結局、分からずじまいで捜査打ち切りという、ミステリーな事件。

 思わずその歴史を知ったときにはドキっとしましたが、ここに来なかったら知ることも無かったこと。

 良かったとは言わないけれど、私の知識が少し増えたことには感謝かな。

DSC02989.jpg

1.jpg

 再び遊歩道に戻ります^^

DSC02991.jpg

 そこから見えるは監視塔。実はこれもかなりの年代物だったりしますっす^^

 ここで、遊歩道をのんびり歩いていて気づくことがあった。

 最初は外堀の鴨さんを見ていたりしていたのですが、

 遊歩道と外堀の間の敷地に

2.jpg

3.jpg

 煉瓦の欠片みたいなものがゴロゴロしていたんすよ。

 最初は『まさか・・・だって・・ねえ?』って思ってた。

 遊歩道も外堀も見るからにきれいに整備されていて、まさかそれはないよねwって思ってた^^

4.jpg

5.jpg

 試しに丁度手元に届くところに煉瓦が落ちていたから見てみたらーーー

 煉瓦じゃん☆

 いやいやでもでも、これは新設工事のいらなくなった廃煉瓦とかなんじゃね?と疑う。

 悪い業者も居るもんだ。ケシカラン!と思いつつも、

 半分は心の中で『やばい・・・昔の煉瓦だったらヤバイな。ドキドキ☆』って期待しちゃったw

 何個か近くのものを拾い上げてみる。

DSC02997.jpg

 うーん・・・うーん・・・・

 煉瓦の刻印?とは思ったのだけど、ただの傷にも見える^^;

 諦めきれずにもう少し手の届く範囲で探すことに。

 何しろ確証が欲しい。

 せっかくなんだしね^^

 するとーーー

 一際大き目の煉瓦片を発見、遊歩道に引っ張り出してみた。

6.jpg

桜の刻印.jpg

 震えました。

 だって桜の刻印の煉瓦だったんだもの!

 その時の私ったら恥ずかしくって御見せできません。割とマジでw

 で、なぜこの桜の刻印が刻まれた煉瓦に震えたかといいますと、

 実はコレ、小菅の煉瓦工場でかつて作られた証しの刻印だったからです^^

DSC03002.jpg

DSC03004.jpg

 その他にも何個か見つけましたよ^^

 まるで宝の山が無造作にザックザックですw

 

 実はこの後はあんまり覚えていません。

DSC03005.jpg

DSC03006.jpg

DSC03009.jpg

 小菅拘置所横のコンビニで祝杯を挙げる私w

 しかも2本、一気に飲み干した。

DSC03010.jpg

DSC03011.jpg

 今ではもう店じまいしたのかな?差入れ屋さんがシャッターをおろしていました(ボクが昔訪れた時は二軒あったんだが・・・今は一軒だったね^^;)

DSC03012.jpg

DSC03013.jpg

DSC03014.jpg

DSC03015.jpg

DSC03016.jpg

DSC03017.jpg

DSC03018.jpg

 ちょっと寄り道して荒川土手沿いをぐるっとお散歩。

 途中、ここ小菅。旧小菅村のお話を記した看板などもありました。

 そしてようやく駅に近づいたところで小菅拘置所の正門前までやってきました。

(正門付近はカメラ撮影すると看守さんに渋い顔をされちゃうので撮影してません^^;)

 その正門横にはーーー

8.jpg

DSC03020.jpg

 こんな煉瓦ちゃんが居たりします♪

 積み方はイギリス積みって奴ですかね^^

 中々味のある煉瓦ちゃんです☆

 鉄格子の向こう側には

DSC03022.jpg

DSC03023.jpg

DSC03024.jpg

 石灯籠なんてのもあります。

 あんまり中を覗かないでって言ってるはずなのに、

 なぜか看板は道路に向って立っていたりしますw

DSC03027.jpg

DSC03028.jpg

DSC03029.jpg

DSC03030.jpg

DSC03031.jpg

 まだまだこの小菅というものはどういうとこなのかと説明は尽きないんすが、

 今は刻印煉瓦を見つけた余韻に浸らせてください☆

DSC03032.jpg

DSC03035.jpg

 私は桜の刻印煉瓦発見の高揚感と、缶チューハイのほろ酔いのまどろみの中、家路についた。

 

 ---琴音の日記から抜粋。

 

 ここまで読んでくださりアリガトウございました^^

 またいつかお会いいたしましょうっす☆

 


nice!(17)  コメント(5) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

nice! 17

コメント 5

YUTAじい

おはようございます。
大発見でお宝ゲットですね・・・乾杯!
刑務所・・・一度だけ入った事が、現役時代に刑務所に委託した製品不良で。
独房まで案内されましたが・・・独特の臭いが、中々入る事無いので貴重な体験でした。
by YUTAじい (2014-03-09 07:35) 

orange

まさか!ですね。...お持ち帰りしなかったのですか?
ビックリして腰を抜かしそうです。
差し入れ屋、保釈金立替..色々珍しい発見が。なるほど...
by orange (2014-03-09 09:46) 

獏

凄い凄い!!!!!(^w^)

by 獏 (2014-03-09 14:39) 

suzuran6

これからこの辺りのレンガの破片はどんどん無くなって行ききれいになるのでは?

あるんですね、今まで残っていたとは・・・
by suzuran6 (2014-03-10 06:57) 

まめ

へぇ、無造作に放置って、、、
ちゃんと確保しましたか?
by まめ (2014-03-10 08:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。